夜尿症安心ガイド

MENU
夜尿症とは
MENU
夜尿症と子供たち
MENU
夜尿症と年齢
MENU
夜尿症の原因
MENU
夜尿アラーム
MENU
生活面の改善

夜尿症と年齢

夜尿症安心ガイドのメイン画像

一般的に夜尿症は年齢が上がるにつれて自然に治るもので、数字にすると年間で15%の人が放っておいても自然に完治するそうです。

夜尿症と年齢

調査の結果からも明らかなように、夜尿症で悩んでいる子供たちの年齢は様々で、4歳から18歳くらいまでの人が病院に通っています。

しかし、年齢別で最も多いのが6-9歳の間の子供たちだそうです。

夜尿症に対する悩みも様々で、4-5歳の子供は親が心配して小学校に入る前に直そうと考えて、6-7歳の子供は小学校に上がったのを機に治したいと思うようです。

少し学年が上がって、10-12歳なると学校で宿泊学習とか修学旅行があるので、宿泊学習の前までに治したいと思う人が多いそうです。

一年の中で新学期前の春休みや、休みの期間が長い夏休み、そして寒くなる冬は患者が多いようです。

10-12歳の子供は宿泊学習の前に治したいという要望が多いようですが、小さな子供よりも少し年齢が高い子供の方が治る確率が高くすぐに効果が現れます。

しかし、同じ治療でも小さな子供には効果が出ないこともありますし、薬の副作用のことも考えなければなりません。

子供たちの体に与える副作用を気にして、副作用の少ない効き目の薄い薬を長期間投与し続けるよりは、薬を一旦やめて、1年くらい体を休ませてから、また治療を始めると薬が効き始めるケースもあるそうです。

一般的に夜尿症は年齢が上がるにつれて自然に治るもので、数字にすると年間で15%の人が放っておいても自然に完治するそうです。

しかし、専門の治療を受けると、3倍以上効果が上がるそうですが、完治まで至る人は半分にも登らないそうなので、焦らずに長く続けていく心構えが必要です。

夜尿症安心ガイド Copyright (C) www.madeinhomme.com.