夜尿症安心ガイド

MENU
夜尿症とは
MENU
夜尿症と子供たち
MENU
夜尿症と年齢
MENU
夜尿症の原因
MENU
夜尿アラーム
MENU
生活面の改善

夜尿アラーム

夜尿症安心ガイドのメイン画像

日本国内では賛否両論ですが、ヨーロッパでは夜尿アラームを使うことが推奨されています。

夜尿アラーム

夜尿症の原因が子供がぐっすり寝ているので簡単に目を覚まさないという場合には、夜尿アラームを使うことができます。

この方法は、ヨーロッパでは高い効果を得ていますが、日本国内では賛否両論です。

子供がおねしょをするとブザーが鳴るというものですが、ブザーが鳴っても子供は目覚めずに、周りの人が起きてしまうこともあるようです。

子供がおねしょをした時に目覚めさせるかどうかにも様々な意見があり、学会では子供を起さないほうが、夜尿症の改善の時間が早くなると言われています。

しかし、ヨーロッパでは夜尿アラームを使うことが推奨されていますし、脳波を測定した実験では、子供の眠りが浅い時に目を覚ますことが、おねしょを治すのに有効であると発表した学者もいるようです。

ある親は、子供がむずむず動き出したときに目を覚まさせてトイレん行かせたら、夜尿症が治ったと言っているので、子供が眠りの浅い時を見つけて目を覚まさせることは効果的な治療に繋がります。

しかし、現実的に子供がいつ眠りが浅いかを正確に見極めるのは難しいので、子供を起こしてトイレに行かせるという方法は、考えない方がいいかもしれません。

夜尿症のトレーニングには3か月間続けるのが効果を上げる方法のようで、岡山大学とメーカーがアラームが付いた紙おむつを共同で開発しました。

このおむつは、ネットの通販サイトで簡単に買うことができて、専用トレーニングパッドが90日分入って約2万円です。

夜尿症安心ガイド Copyright (C) www.madeinhomme.com.