夜尿症安心ガイド

MENU
夜尿症とは
MENU
夜尿症と子供たち
MENU
夜尿症と年齢
MENU
夜尿症の原因
MENU
夜尿アラーム
MENU
生活面の改善

生活面の改善

夜尿症安心ガイドのメイン画像

夜尿症を治すために、水を飲む時間を調整し、夜寝ている間に体に溜まる尿の量を少なくしましょう。

生活面の改善

夜尿症を治すには寝ている時だけではなくて、普段の生活を改善することも必要です。

具体的には、体に取り入れる水分を調節することが関係しますが、これは一日に取り入れる水の量を少なくすることではありません。

飲む時間を調整し、夕方から寝る前までに飲む水の量を減らして、できるだけ日中にたくさん水を飲むようにします。

こうすることで、夜寝ている間に体に溜まる尿の量を少なくできます。

ところが、暑い夏には喉が乾き、夕方や夜でも水を飲みたくてたまらなくなります。

まったく水分を取らないことはできませんが、例えば氷をなめるなどして、少しでも乾きを抑えると余分な水分を取らずに、夜尿症を改善することができます。

子供が運動部に属している時はもっと厄介で、頻繁に汗をかくので、かいた汗の分だけ水を多く飲みますし、体も疲れてぐったりしているので、夜深い眠りにつき、トイレに行きたくても起きられずにそのまま放尿してしまうこともあります。

それで、運動する前や運動している時に水を飲むようにして、夜眠る前には水分を取らないように調整します。

また、なるべく昼寝をして、早い時間帯に体を休めて、体が疲れていても夜寝ている時にトイレに行きたくなったら、布団から出て自分でトイレに行くように訓練しましょう。

最後に普段の食事についてですが、基本的には水分の多いものを控えます。

また、しょっぱいものや辛いものを頻繁に食べていると、水をたくさん飲みたくなるので注意が必要です。

夜尿症安心ガイド Copyright (C) www.madeinhomme.com.